三六九

こどもとじぶんのアトピーが治ってわかったこと

http://chuikenkosalon.com/http://chuikenkosalon.com/

 

アトピーという原因がモザイクになっている病と向き合っていると

不安と焦りにさいなまれます。

 

実は原因はシンプルなことかもしれない、

でもはっきりしないから 

やみくもに色々な民間療法を試したり 評判のいい病院に行ってみたりする…

 

不安の渦中にいた時、というかその前から、私には一人信頼できる医師がいました。

 

私の中医学生時代の先生で、中医師の張輝先生です。

 

親しみを持ちやすい日本語の使い方で、私にとっていつもピタッと的を得た言動をされる先生だったので、秘かにとても尊敬していました。

 

先生に教わった治療方法は、なぜかいつも次の日に出会う患者さんの症状に適したものでした。

 

正直、こどもを重症アトピーにさせてしまい、教え子として先生に合わせる顔がなかったのです。

 

しかし、恥を忍んで先生のサロンに予約の電話をいれました。

電話で話しただけで、なんかちょっと救われた気分に。

 

そして、こどもを診て頂きました。

 

”腎臓が固くなってる”、”お腹も弱いから湯たんぽをお腹にあててあげて。起きてる時はじっとできないから寝たあとね”

 

言われた通りやりましたら。

お見事、便の回数が多すぎたのが治りました。

紹介されたドクダミ軟膏は、最後まで悩んでいた痒みの箇所にスパッと効きました。

 

さすが張輝先生

 

なんで、小さな子の看病のコツをご存じなのだろう。。。

そして看病疲れをしている私にまで労いのお言葉…

アトピーっこ母にこれをしてくれる大人(医療従事者)は少ないです。

 

中医学で ”子が虚していたらその母を補え” といいます。

これは臓腑を五行に当てはめて 肺が虚していたら腎を補う などの治療則を言っていますが

私たち母子はまさに、母が駄目になっていたので、先生は私にまで気に掛けてくれたのです。

 

甘いですが、ずっとそれ(労い)を欲っして頑張っていたように感じました。

 

張輝先生のサロンは西新宿にあります。

http://chuikenkosalon.com/

息子が治ってからは一度しか行ってませんが、私の心の拠り所です。