三六九

こどもとじぶんのアトピーが治ってわかったこと

湯川啓さん 勉強会

『個と全体性』

 

9月30日(土曜日) 午後1時30分~4時30分くらいまで

 

場所:片瀬山治療室(変更の可能性あり)

 

会費:5000円

 

持ち物:筆記用具

 

今回も前回に引きつづき『個と全体性』について取り組んでいきます。

 

前回は地震の感覚からどのように全体性に拡がっていけるかを体感して頂きました。

 

自身(内部に目を向ける事)から放たれる自己がエネルギーとしてあらゆる空間に拡が手いく可能性を味わってゆきました。

 

その事から、人との共有されている空間が自己の世界になったり、第三者の空間になったりする。

 

自己の感覚と、そこからつながっている全体性について認識する事は、『御手当て』では勿論の事、あらゆる場面で自分を確認する助けとなりましょう。

 

初めての方のご参加も歓迎いたします。

 

※ 参加希望の方はmskywalk(当ブログ)にコメントください。

こちらからご連絡します。                           

放射能被爆用 治療薬の作り方 (製造販売は違法です、あくまで自家用)

平成23年3月11日

 

アトピーに苦しむ我が子への授乳を済ませていたころ、突如大きな揺れ。

 

我が家の見慣れた梅の木がまるで 踊っているように大揺れ。

 

『何事?! 地震か!』

一先ずすぐ庭に逃げられるように縁側へ母子で出ました。

 

その後の世間の大混乱と 私の心の大困難は一致していました。

 

『お肌が剥けている赤ちゃんを連れて、放射能の降る屋外に出たくない…』

 

普通は赤ちゃんの日光浴は、ビタミンDが体内で生成されるし、夜もよく眠れるようになって良しとされているのですが…

 

洗濯物も室内干しに切り替え…

 

アトピー肌には日光消毒した清潔な衣類がいいのですが…

 

気分転換が必要な子育て期の母親にとって外出を控えた方がいい状況…

 

すべてが悪循環に入っていった時でした。

 

今や世間では、今も放射能におびえる方

または 人体への影響はほぼない と思っている方

あまり考えないようにしてる方

様々でしょう。

 

昔 チェルノブイリ放射能被爆した方が、血液癌になり、末期的な状況になったのを

日本人の五井野博士が、自分で開発した煎じ薬、その名もGOP(五井野プロシジャー)を末期癌の方に処方したところ、みんな助かってしまったと。

 

以来、ロシアの首相が大変五井野博士を信頼し、一時期は北方領土を返還する流れに入れるところだったと。

 

それを阻む組織があってそれはダメになり、五井野博士の首に賞金がかかるほどになったと。

 

そう聞いています。

 

五井野博士は 東日本大震災のずいぶん前から、

 

『日本は地震国であるにも関わらず、原発に囲まれている、将来日本人にGOPが必要になる時がくる』

 

と予言されているそうです。

 

さてGOP…全く同じものは五井野博士にしか作れないそうですが、ほぼ同様の煎じ薬は自作できるそう。

五井野博士の知人で作って飲んでる方の記事をみつけましたので、転載します。

 

以下 2012年の 天下泰平ブログ より (泰平さんに了承得ました)

 


  先日の記事【全身カビに覆われた白血病末期患者が劇的回復】の反響は大きかったようで、各方面から「GOP(五井野プロシジャー)」についてのお問い合わせがありました。

世の中には自分の想像以上に自身や身内などに重病・難病を抱えている方が多く、そういった人達にとっては、この万能薬ともいえるGOPは、喉から手が出るほど欲しいと思うのは当然であると思います。

ただ、先にお伝えできることとしては、残念ながら今の段階では自分に依頼をされてもGOPは手に入りませんし、手に入れるための何か特別な情報も持っていません。

でも、もちろん必要な人が多くいるのはわかっていますし、今の放射能汚染で深刻な日本の状況を考える上でも、GOPが当たり前に多くの人々の手に渡ることを強く願ってはいます。

そのためには、五井野博士がもっと日本でも認知されるようになり、博士を「邪魔する者達」が一切手出しできないような状態にする必要もあるのですが、その辺の話は後述するとして、取り急ぎ出来上がった本物のGOPは手に入らずとも、自分で作る方法はネット上でも一部公開されているので、その情報を本日はお知らせしておきます。

まず、GOPは特許のある自然薬であり、その原料から製造方法、使用方法にいたるまで詳細の情報が特許情報として公開されています。

http://www.j-tokkyo.com/2003/A61K/JP2003-171306.shtml

もちろん特許があるため、これを真似して製造販売することはNGですが、自家消費用として真似して作ってみるのは可能かとは思いますので、ご興味のある方は是非ともチャレンジしてみて下さい。

上記の特許公開情報は、はっきりいって専門的な文面なので、内容としては非常に難解になっています。

頭の良い人であれば、じっくり読んで自分なりにまとめたらレシピ通りに近いGOPを作ることは可能かもしれませんが(実際には素材に希少なものがあるので完璧は困難ですが)、ネットに誰にでも簡単にわかるような作り方の情報が載ったサイトがあったので、とりあえず2つ以下に紹介(転載)しておきます。

マンネンタケ(霊芝茸)の栽培 2(GOP五井野プロシジャー)

五井野正博士の開発による抗癌作用のある自然薬GOP(五井野プロシジャー)
五井野博士はこの自然薬でチェルノブイリでの放射能被爆者・癌患者の治療にあたり大いに効果があったと言われていますが、(日本のマスコミではほとんど紹介されていない)、今回の原発事故を機にその自然薬を自給してみたいと思い、主原料であるマンネンタケの栽培に着手しています。

4月21日に当ブログにUPした前の記事
http://yupon7635.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-11f7.html

実は僕は20代前半のころ(4半世紀より以前だ)、五井野正博士が編集長として出版された「ふる里村情報」なる雑誌の編集員としてしばらく五井野先生の周辺にいたことがあり、現在のロハスな田舎暮らしを始める上で五井野先生の近くにいたあの頃の経験が、一つの大きなきっかけになっています。当時から五井野先生は、「将来日本人はもう一度(ヒロシマナガサキに続いて)放射能汚染に直面する、マンネンタケは放射能汚染対策に効くんだ」ということをおっしゃってました。現在僕が住む自宅の川向こうに五井野博士のご自宅があり、(今もそこにお住まいなのかどうかは知りませんが・・・・)そこに伺ったときに効いた話です。(如是我聞)

五井野博士とはこういう方です。
http://www.avis.ne.jp/~wippii/keireki.html
なんだかすごい経歴の方ですね。(↑ このURL、時々つながらないのですが、基本的にまちがっていません。)

最近では船井幸雄氏の関連でも紹介されており、世間の注目度もUPしてきているようです。
さて、そのGOP(五井野プロシジャー)ですが、本当に効くのかどうか僕は身近でこの薬が実際に効いたという話を見聞しておりませんので、本当のところはよくわからないのですが、とにかくこのひどい原発事故と放射能汚染の中を生きていかなければならないのが現実なのですから「役に立ちそうな対策は色々やってみる」というスタンスでコトにあたりたい。

GOPの作り方はこちら。http://www.j-tokkyo.com/2003/A61K/JP2003-171306.shtml

特許が出ているので、無断で販売することはできませんが、自家消費するために自給することは許されるでしょう。

要はマンネンタケ トチバニンジン カワラタケ を6:3:1で煎じて 煎じ薬 にするというもの。

次のブログの記事にGOPの製法をコピーして貼っておきます。よそのサイトで消されると困るから。
ところで、この薬の主原料である、マンネンタケ トチバニンジン というのが実に入手困難。
コトにマンネンタケは梅の古木に天然に生える「黒霊芝」という黒いマンネンタケが最高に良いらしいが、それは入手することはほとんど不可能です。(秦の始皇帝が徐福に命じて東海の蓬莱山に探索を命じた、その秘薬とも言われています)

代品として栽培可能な赤いマンネンタケ(赤霊芝)。これなら入手可能ですが、それとてもお高い・・・・ということで一般庶民としては「栽培」にチャレンジです。(転載終了)


五井野プロシジャー(GOP)を作ってみました・・・これってキノコ茶!

このレシピでお金儲けをしてはいけません。個人が、自分自身、家族、知人などのために用いることを、目的としています。愛をもってご利用ください。また、私自身が指の筋力テストなどで、確認しながら作った例で、これが正統的なGOPであるかは不明確ですが、とてもいい感じです。

【用意するもの】
・黒霊芝:100グラム     
・田七ニンジン:60グラム(粉末のものを購入すると使いやすい)
・カワラタケ:200グラム
※トチバニンジンは今の季節手に入れにくいので、田七ニンジンを使ってみました。

・粉砕機

・保存容器、食品乾燥材
・計量スプーン
・計量器(1グラム単位で測れるもの)
・煎じようパック

・土瓶(ホウロウ鍋・土鍋などでもよい)または自動煎じ器象印から発売されています)

・あい(LOAの素焼きの玉)・・・これはできればでよい


【作り方】
① 粉砕
黒霊芝、田七ニンジン、カワラタケを、それぞれできるだけ細かく粉砕する。多少荒くてもいっこうにかまわない。

②計量・パック詰め
カワラタケ10グラム・田七ニンジン3グラム・黒霊芝5グラムをそれぞれ計量し、パックに詰める。

③煎じる
土瓶にあいと、800ccの水を入れ、沸騰させる。沸騰したら火を最小の弱火にし、1パックを入れる。
約3時間で500ccのGOPができるよう工夫する。
火が弱すぎればやや強く調整してみる。
火が強すぎるときは800ccよりも多くの水ではじめて、最終的に500ccになるようにする。

 
結構おいしく出来ちゃってびっくりです。かぜで39度の熱を出したわが子は、GOPだけで1日で回復し、翌朝にはけろっとして、学校へ行きました。
友達は、飲んだ直後から体が温まり、目がよく見えるようになったそうです。このキノコ茶?すごいよ!(転載終了)


GOPとは、結局のところは「キノコ茶」みたいなもののようです。といってもお酒で抽出したタイプもあり、実は先日に博士と一緒にお食事をさせて頂いた時にお酒で抽出したGOPを飲ませて頂きました。お酒が飲めない自分もこれは大丈夫であり、その日は真夜中まで頭が冴えて超元気の疲れ知らずで驚きました。

それはさておき、GOPの素材は大きくわけると3つであり、マンネンタケカワラタケトチバニンジン(または田七ニンジン)のようです。

02
※マンネンタケ

06
※カワラタケ

04
※トチバニンジン

05
※田七ニンジン

マンネンタケ(霊芝 [レイシ] )は、本当は写真のような色ではなく黒い色をした「黒霊芝」がベストのようですが、どうしても希少で高価なキノコであり、上質なものを手に入れるのは非常に困難なようなので、その場合は必ずしも「黒霊芝」でなくとも良いみたいです。

また各素材の配合率も様々なであり、上記サイトで紹介されているのは目安であって、より詳しくは特許の情報を参照(追記:0040項には配合重量比はマンネンタケ:カワラタケ:ウコギ科植物の根=5:10:3とある)にしながら自分にあった配合率で作ってみるのが良いかと思います。

いずれにしても、よほど偽物の素材を掴まされない限りは、ある程度GOPに似た「キノコ茶」は作れると思います。それがどのような効果を与えるかはわかりませんが、どうしてもGOPを手に入れることができない今は、必要な人は可能な限りはチャレンジしてみる価値はあると思います。

それにしても、博士のことをよく知らない人にとっては「なぜ、こんなに良い薬をつくっているのに日本には出回らないのか?どうして五井野博士のことを日本人は誰も知らないのか?」と疑問に思うかもしれませんが、すでにご存知の方も多いように、それは意図的に圧力をかけられて邪魔をされているからです。

もちろん、それはこういった優れた薬や技術が世に普及してしまうと何かと困ってしまう人々の策略であり、その主体となっている相手は成太作(ソン・テチャク)を中心とした世界的なカルト教団です。

その規模から影響力は一国を支配するほどの力を持っており、現にそのカルト教団によって政治・経済・社会までもが支配(管理)されている日本は、五井野博士にとって地獄のような場所だったかと思います。

五井野博士は若い頃から普通の人ではとても耐えきれないほどの屈辱的な嫌がらせを度々受けてきており、最終的にはその首に50億もの懸賞金がかけられて暗殺集団にも狙われています。実際に毒殺のような暗殺未遂はあったようですが、それでも自力でGOPで生還して生き延びているところなどが普通の人ではないところですが…。

また、ネットの情報の中では、五井野博士や関連会社のアートメディアさんのことを悪く言う(宗教団体のような扱い)情報が紛れこんでいますが、これは当然ながら上記のカルト集団が仕組んだ捏造の情報であり、意外にもこれを真に受けて信じ込んでいる人が多いのも残念なところです。

まぁ、いずれにしても政界から経済界、メディアまでも使って五井野博士が表に出て来ないように徹底的に圧力をかけてきたわけであり、逆に今のように博士が少しずつ表に出て来ているのは、彼らの力が弱まっている証拠で、このまま良い形で日本人が五井野博士を知って支持をするようになれば、きっとGOPから様々な超技術が日本にももたらされると思います。

自分は、とにかく博士がこの世界からいなくなってはならないこと、そのためには博士を日本人に認知してもらい、日本人が支持することが必要であり、その結果として博士も守られて日本人も守られると直感的に感じたので、自分にできることとして、まだ短い期間ですが微力ながら応援をさせて頂いています。

なんだかんだ言って、まだ力と巨額の財力を持っているカルト集団に真正面から立ち向かうつもりは毛頭ないですし、そんな気力も暇もないので、今は博士の認知を広めることが結果的に対抗する唯一の手段でもあり、この日本と世界が良い世の中へと進むための一歩だとも思っています。

とにかく今はまだ博士もこの世にも日本にもいるし、GOPという技術もあるので、あとはどのような形で世の中に普及させていくかだけです。もちろんナノホーンを含めた経済界をひっくり返すような技術も色々とあります。

我々日本人が、もっと五井野博士やGOPなどの真実(本物)の情報を知る人が増えれば、現実世界でも自然と真実(本物)が様々な形で具現化されて普及するので、是非ともこれから五井野博士の講演などが近隣であった際には、知人や友人も誘って参加して欲しいと思います。こちらも引き続き可能限りは、博士に関する情報は出していきたいと思っていますので…。よろしくお願いいたします。

http://chuikenkosalon.com/http://chuikenkosalon.com/

 

アトピーという原因がモザイクになっている病と向き合っていると

不安と焦りにさいなまれます。

 

実は原因はシンプルなことかもしれない、

でもはっきりしないから 

やみくもに色々な民間療法を試したり 評判のいい病院に行ってみたりする…

 

不安の渦中にいた時、というかその前から、私には一人信頼できる医師がいました。

 

私の中医学生時代の先生で、中医師の張輝先生です。

 

親しみを持ちやすい日本語の使い方で、私にとっていつもピタッと的を得た言動をされる先生だったので、秘かにとても尊敬していました。

 

先生に教わった治療方法は、なぜかいつも次の日に出会う患者さんの症状に適したものでした。

 

正直、こどもを重症アトピーにさせてしまい、教え子として先生に合わせる顔がなかったのです。

 

しかし、恥を忍んで先生のサロンに予約の電話をいれました。

電話で話しただけで、なんかちょっと救われた気分に。

 

そして、こどもを診て頂きました。

 

”腎臓が固くなってる”、”お腹も弱いから湯たんぽをお腹にあててあげて。起きてる時はじっとできないから寝たあとね”

 

言われた通りやりましたら。

お見事、便の回数が多すぎたのが治りました。

紹介されたドクダミ軟膏は、最後まで悩んでいた痒みの箇所にスパッと効きました。

 

さすが張輝先生

 

なんで、小さな子の看病のコツをご存じなのだろう。。。

そして看病疲れをしている私にまで労いのお言葉…

アトピーっこ母にこれをしてくれる大人(医療従事者)は少ないです。

 

中医学で ”子が虚していたらその母を補え” といいます。

これは臓腑を五行に当てはめて 肺が虚していたら腎を補う などの治療則を言っていますが

私たち母子はまさに、母が駄目になっていたので、先生は私にまで気に掛けてくれたのです。

 

甘いですが、ずっとそれ(労い)を欲っして頑張っていたように感じました。

 

張輝先生のサロンは西新宿にあります。

http://chuikenkosalon.com/

息子が治ってからは一度しか行ってませんが、私の心の拠り所です。

 

 

 

 

個と全体 ミクロはマクロ 微視的は巨視的

引きつづき 夫婦関係で悩んでいた時に救われた カウンセリンクセッション

 

湯川啓さん

 

鍼灸師であり、ヒーラー。そしてEIA氏。

 

悩みのどん底にあった時に、頭に浮かび、救いを求めるように連絡し、

カウンセリング。

 

 

盲点を突く助言の数数

 

まさにジョハリの窓

 

物事の解決策、ウルトラCは 

本人にも、また相談される側にも思いついていなかった

第四の窓(ジョハリの窓)に隠されているのです。

 

第一の窓 自分がわかっていること

第二の窓 相談の受け手がわかること

第三の窓 自分と相談の受け手 両者がわかること

そして 

第四の窓 自分も相談の受け手も思いつかなかったこと

 

湯川さんの変性意識とお話していると この第四の窓からの助言があります。

 

全く新しい気持ちに変わったことを覚えています。

私は悩みの ”ずらし技” と呼んでいます。

悩んでいるときは つい視野が狭く、また 視点も限られてしまいますからね。

 

そんな 湯川さんの勉強会が8月19日土曜日に鎌倉市であります。

 

ピンときた方はご連絡先をお伝えしますので当ブログコメント欄にご自身のメールアドレスを送ってください。

 

 湯川啓さん 勉強会

テーマ『全体性と個』

私たちがより自分自身であるという状態を感じ、理解していく回です。

初めての方も歓迎です。 皆様のご参加お待ちしています。

 ● 日時 平成29年8月19日土曜日 午後1時半から午後4時過ぎまで

 ● 場所 鎌倉市

 ● 持ち物 筆記用具

 ● 会費 5000円

 

 

全体性…私たちはみな 宇宙という全体性の中の構成員(パズルのピース)の一人で、

だからこそ自分が変われば実は全体にも影響を及ぼせる 

 

健康な細胞一つあれば病気がなおるとか、 足の裏や耳という体の一部で体全体の診断や治療ができるのと同様

 

地球や もっというと 宇宙も 一人の人間の変容で もっと健康に美しくなれる

 

とういうことです。

 

 

 

Umiのいえ


 こどものアトピーは両親の不仲が原因

 

当時なんとも きついご指摘 でした。

 

その通りでした、でもどうすることもできないような気がしていました。

 

自分は人間関係音痴なのか、努力して関係をよくしようと試みるも 改善されませんでした。

 

友人が妊娠したものの、逆子で でも帝王切開は避けたい…

悩んだ末 横浜の『Umiのいえ』のおかみさんに話を聴いてもらったら…

その後ぎりぎりで逆子が回ったというのです。

気持ちの面で変化があって事態やお腹の子までも変化したのでしょう。

 

うみのいえのおかみさん…

 

その言葉が記憶に残りました。

 

子育ては一人でしていくものではないです。

家族・社会・通りすがりの人、動物、植物、建物、自然、人が作った何か。

自分だけではどうにもならないこともある。

 

悩んだ末、HPを見つめながらUmiのいえに電話しました。

→ http://www.uminoie.org/

 

”おかみさんにお会いしたい”

 

…この平成の時代に、こんなにも親身な方がいたんだ…

そしてそこで得た教訓を胸に生活。

 

そして2年ほど経った頃、

 

”斎藤夫婦お二人のファシリテーションを夫婦で受けたい”と電話しました。

 

そして夫婦二組での4者面談が実現。

 

そして こうして 生きていけてるのであります。

 

 

 

 

プール や 水道水 の 塩素対策 続

⦿普通の水道水の塩素(0.1ppm~1.0ppm)を中和するためのアスコルビン酸(ビタミンⅭ)の比率は

        200Lの水:アスコルビン酸200mg(0.2g)

とのこと。

お風呂一杯の湯に対し 耳かき一杯ほど。

 

⦿PC7とは プールクリーンセブンのことで、プールにいわゆる塩素を入れるのではなく、装置に塩を入れると塩素を作り出してくれ、それによって行政基準の塩素濃度を保ってくれる機械のことです。

 

プールや温泉施設に取り入れられ始めているようです。

詳しくは ↓ 大磯エンジニアリング株式会社さん

 

        www.suiken-kagaku.co.jp/pdf/pc7.pdf

 

ちなみに普通のプールには、

”消毒剤である次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸カルシウム塩素化イソシアヌール酸のいずれかを入れてあり、遊離残留塩素を0.4ppm~1.0ppmを保持しなくてはならない。これは水道水基準(0.1ppm~1.0ppm)に比較してわずかに高めである。”

とのこと。

プールの水は結構塩素臭が匂うけれども 水道水と塩素濃度はさほど変わらないようです。

 

そして スイミングスクールホウトクさんは、最小濃度の0.4ppmに保ってくれているのです。

 

しかし、PC7で作り出した電解次亜塩素酸ソーダが人体に無毒なのかは今後調べていきます。

 

そして PC7を使っている スイミングスクールホウトクさんのプールで併用されているのがEM。

 

⦿EMとは

  • Effective(有用)Microorganisms(微生物群)の略語。
    "共存共栄する有用な微生物の集まり"という意味。
  • EMは自然界から採種し、抽出、培養した微生物のこと。
  • EMは特殊な微生物ではなく、自然界に生息分布している微生物の中から、自然界を浄化する働きや物質の生合成を行う働きを持つ有用な微生物を、人間の手によって培養させた複合微生物集団を培養液としたもの。

だそうです。

 

ホウトクさんのプールに入った日の夜、お肌がつるつるしていたのはこれらのおかげだったのかも。

珪素

これからは炭素の体から珪素の体へ…

 

という情報を得ました。

 

珪素ってなんだろう…

 

高校化学で丸暗記した”すいへーりーべぼくのふね、まぐあるしっぷすくらーくか”

のしっぷすのところの『Si』でした。

 

息子が救われた メダカの学校の『酵素タブレット』に入っているクマザサに多く含まれているそうです。

 

珪素…カルシウムの吸収やコラーゲンの生成に必要だそうです。

 

カルシウムをしっかり取っているのに骨粗鬆症                                               

カルシウムを補給するときに必要不可欠なのがケイ素です。成長期や骨の細胞間質におけるカルシウム欠乏の人にカルシウムだけを与えてもほとんど有効に活用されないことが最近の研究であきらかにされています。

ケイ素はカルシウムを運搬し骨の中のミネラル形成を促進させています。このことは、ケイ素が骨の成長部分に多く、成長期や骨折治療中の骨に高濃度にあることで証明されています。従って、成長期の青少年の骨格作り、女性の骨粗鬆症の予防に、ケイ素は欠くことのできない微量ミネラルです。骨密度を増やすのはケイ素なのです。

米国の代表的な疫学研究(フラミンガム研究)によると、食事からのケイ素摂取量の差が骨密度に及ぼす影響は、カルシウムよりも大きいと結論付けています。

●コラーゲン、ヒアルロンサンのサプリメントを飲んでいるのになぜ?

肌の結合組織は、水分を保持する働きがあって、ケイ素を蓄えているのが特徴です。特に結合組織を構成するコラーゲンにはケイ素が多く含まれ、ケイ素は組織をまとめるノリのような役割をしています。つまり、ケイ素は、肌の水分を保持する組織を強化する働きがあり、肌の水分を保つことでシワを防ぎ、若さを保ちます。ケイ素なくしてお肌の潤いはないのです。

コレステロールは気をつけているのに動脈硬化

血管はケイ素の多い組織です。ケイ素は動脈の壁の弾力性を維持する働きをしています。また、コレステロールが血管に付着することを防いでいて動脈硬化を予防します。動脈硬化が進行した人の動脈には健康な人の数パーセントしかケイ素が含まれていないといわれています。

●次々と今までに経験したことがない病気が襲ってきた!

すべての生物は、病気から身を守るための一種の「私設警察」である免疫システムを備えています。加齢に伴う、免疫細胞を作り出す臓器の機能低下は、自然に生じる現象ですが、あるレベルまで下がってしまうと、今まで経験もしたことがない病気を発症してしまいます。ケイ素は、免疫細胞を含むすべての細胞を活性化させ、身体が健康を保とうとする働きを強力に後押しします。

●同年代の人に比べて急激に老けて来た!

肉類やインスタント食品など多く摂っている場合、ケイ素が不足しがちになり40代から加速する老化に拍車を掛けてしまいます。老けて見える一番の理由は、肌のたるみです。コラーゲンをがんばって増やしても、繊維をグッと束ねて引き締めてくれるケイ素なくして肌のたるみは解消されないのです。

◆主なケイ素の働き

  1. 毛髪や爪の発育及び皮膚細胞の活性化。
  2. 早期に起こる老化現象を阻止。
  3. 骨や歯のカルシウム成分の不足を補う。
  4. 自己免疫力と免疫細胞の活性化(マクロファージ、リンパ細胞)
  5. 軟骨組織丈夫にし、関節を健康な状態に保ちます。
  6. 血管と肺組織の弾力性の維持。

 ケイ素は、若いころには十分に体内に蓄えられていますが、加齢とともに大幅に減っていきます。コラーゲンなどは体内で生成されるものですが、ケイ素は、体内で生成されないため補給する必要があります。